生息しているねずみの種類|【ねずみ駆除まとめ】業者に任せて確実にねずみを駆除しよう!

生息しているねずみの種類

ねずみ

ドブネズミ

色々な被害を与えるねずみと聞いたら「ドブネズミ」をイメージする人が多いでしょう。それくらい、ドブネズミの認知度は高いです。主に下水や川などに生息しており、建物の中では床下にいることが多いでしょう。他のねずみと比較してみても非常に獰猛な習性で肉や魚肉を好んでいます。体長は大体20~26センチほどでねずみの中でも大型です。しっぽが胴体より短ければドブネズミと見分けることが出来ます。

クマネズミ

主に屋根裏や天井に生息していることが多く、ねずみ駆除で最も多いのが「クマネズミ」となっています。最近では都心の高層ビルにも発生することが判明しており、非常に厄介な存在と言えるでしょう。ねずみの中でも特に警戒心が強く、捕獲や駆除が難しいと言われているため、確実に駆除したい場合は業者に依頼することが必須です。体長は15~25センチほどで中型です。しっぽと胴体が同じ長さで耳が短いことがクマネズミの特徴でしょう。

ねずみの種類や習性を把握することも大事!

ねずみによって生息している場所や被害、習性などが異なります。ねずみの種類を把握していると、ラットサインなどに気付きやすいこともあります。ねずみの特徴を把握して、少しでも駆除に役立ていくと良いでしょう。

広告募集中